日本モーターボート競走会 あっせんの仕組み

日本モーターボート競走会 あっせん業務

~全国24ヵ所のボートレース場へレーサーを公平に、くまなくあっせん~

日本モーターボート競走会あっせん業務
①作業は基本的にパソコンで行う。ソフトには頼らず地道な手作業が続く
②パソコン画面に表示されるレースの開催日程を見ながら、ボートレーサーをレース場へ振り分けていく
③あっせんを担当する3人。左より辻悠矢さん、生水有さん、石川和貴さん
④“理想のあっせん”に少しでも近づけるように、常に話し合いながら調整していく

ボートレースは、全国24カ所あるレース場のどこかで、毎日開催されています。そのレースに出場するボートレーサーは、出走日程や出場メンバーに偏りが生 じないよう、(財)日本モーターボート競走会により公平に“あっせん”されています。約1,500名のレーサーを公平に、くまなくあっせんする仕組みや担 当者の心構えをうかがうため、同会業務部あっせん課を訪ねました。

開催予定が書き込まれた表 開催予定が書き込まれた表。
各自で工夫をこらした一覧を作成し、開催レースを把握している





レースの公正さを支えるあっせんの意義

 「ボートレースは、全国各地からボートレーサーが各ボートレース場へ集い、日々熱き戦いを繰り広げています。しかし、どのボートレース場に誰が出 場するのかは、レースを開催する施行者やレーサー自身では決めることはできません。レーサーは競走実施機関である(財)日本モーターボート競走会により あっせんされて、初めて出場可能になります」と話すのは、レーサーのあっせんを行う同会業務部あっせん課の石川和貴さん。そもそも、レースの「開催日程」 は、各ボートレース場における施行者が独自に設定します。開催日程が決まると施行者は、それらの開催に必要なレーサーの希望人数を記入した書類をあっせん 課に提出します。こうして全国の施行者から送られてきた情報をもとにして、あっせん課では出場するレーサーを各場の開催に過不足なくあっせんしていきま す。「あっせんするにあたっては、A級レーサーが1カ所に偏ったり、一部のレーサーだけが多忙になったりといった不公平がないように全体のバランスを整 え、約1週間かけてあっせんを組み、最終的に一覧表を施行者に送付します」と話すのは同課の辻悠矢さん。公正なレースを実現するには、各レーサーを公平に あっせんすることも大事な要素です。


施行者やレーサーの希望も考慮しつつバランスを調整

 あっせん課では現在、茅野知宏課長代理のもと3名の職員が業務に取り組んでいます。A(A1、 A2)級男子レーサー、B1級男子レーサー、B2級男子レーサーおよび女子レーサーと、3つのグループに分けてそれぞれが担当。1人の担当者が扱うグルー プのレーサーは数百人にのぼりますが、辻さんや石川さんはあっせん業務で使用するため、ほぼ全員の選手登録番号を暗記しています。「毎日のようにレーサー の情報とにらめっこしていますので、自然と憶えてしまいますね」と石川さん。

 あっせんは、様々な制限や条件を検討材料にしながら行います。たとえば、レースの中止・順延も考慮して出場する開催と開催の間隔を適切に空けると いう原則や、同姓のレーサーを同一開催に多数あっせんしないといった原則などが数多くあるほか、フライングによりその開催には出場できないレーサーがいる など約1,500名いるレーサーの個別の制約もあり、あらゆる情報を加味しなければなりません。級別によっても注意点は異なるそうで、「たとえば、A級 レーサーは出走する日数が多いため、同一レース場へのあっせん間隔が短くならないように一段と留意する必要があります」とA級を担当する辻さんは話しま す。あっせん作業の最終段階として全体のバランスを調整する際には、特に高い集中力が求められるといいます。

 1年間を通じたあっせん業務の中でも、正月やお盆に開催されるレースは最も気を遣う期間だそうです。石川さんによると、「まず、これらの期間はす べてのレース場で開催があるので日程がタイトです。加えて正月やお盆は地元での出走を希望するレーサーが多く、施行者とレーサー側とのバランス調整が非常 に難しいです」とのこと。また、企画レースなどでは変則的な出場レーサーのあっせんが要求されるケースがあり、これにもできるだけ対応しますが、あくまで も公平性を保つことが大前提。様々な要望を加味した調整には締め切りのギリギリまで悩み続けてしまうそうです。


自動化に頼らず、手作業で理想のあっせんを目指す

 このように膨大な量の情報を扱うあっせん業務は、コンピューターソフトによって自動的に振り分けていくのが理想的とも思えます。そのようなソフト も開発されていますが、あっせん課では一連の作業のすべてをソフトで組んでいるのではなく、併用しながら最終的な調整は手作業で行っています。すべてをコ ンピューターソフトに頼らない理由について石川さんは、「レーサーの情報はデータベースに入っています。しかし、あっせんという作業は毎週単独で完結する ものではありません。企画レースや希望選手の依頼を加味したうえで、前月や前々月からの組み合わせや流れ、連続性をイメージしながら組み立てていきます。 コンピューターソフトによるあっせんではレーサーの配置や連続性が加味しにくく、細かな調整となるとデータベース以外の様々な要素を意識しなくてはならな いことが多いです」と話します。

 そんなあっせん課が考える理想的なあっせんについて辻さんは、「24あるレース場の施行者と約1,500人のレーサーの全員に納得してもらえる組 み合わせが理想です。しかし、そのようなあっせんを行うのは不可能です。それでも、できる限りその理想に近づけていくために、ギリギリまで調整を行う。そ れがあっせん課の任務です」と言い切ります。石川さんも、「バランスの調整には終わりがなく、それがこの仕事の難しさともいえます。公平・公正なレースの 実現に向けて気を緩めることはできません」と引き締まった表情で話していました。

ボートレーサーがあっせんされるまで
プロフィール

shirosuki

Author:shirosuki
競艇予想のプロです!競艇好きな方応援お願いします。リンクフリーで相互リンク募集。皆さんのサポート役として現地の競艇新聞にプラスしてください。ブログアドレスは一番下です。
応援してください(>_<)
   ↓ 



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
にほんブログ村



にほんブログ村 公営ギャンブルブログへ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
天気予報
最新記事
最新コメント
相互リンク申し込みはこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
無料本格競艇占い
無料競艇力診断
検索フォーム
スポンサー様で成り立っております!


    



リンク
あわせて読みたい
ブロとも一覧

~無料競艇予想~ 清水の競艇予想
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

みんな教えて!